アニマルコミュニケーション


Kiranahでは、犬・猫・鳥・うさぎや馬など、大切な家族であるコンパニオン・アニマル(ペット)とそのご家族(飼い主様)の幸せな日々のために、また、旅立った彼らとそのご家族(飼い主様)を繋ぐために、スピリチュアルな観点も併せてアニマル・コミュニケーションを行っております


また、大切な彼らとの死別、現在、闘病中でケアをなさっているご家族のグリーフケアも行っております



セッションMENUはページ中ほどをご覧下さい


通常営業時間

9:00〜20:00



夜間営業時間

20:00~23:00


上記の夜間営業時間のご予約時には

別途夜間料金が加算されます


夜間料金 一律 ¥2,200-




毎月の休業日はHOME画面でご確認下さい



あなたは、大切な我が子(ペット)である彼らや動物と会話ができるとしたら、どんな話をしますか?

どんなことを聞いてみたいですか?


そんな事は不可能だ。バカげている。興味はあるけれど無理に決まっている


そう思ってしまうのも無理はありませんが、決して無理なことではありません


アニマル・コミュニケーションは、何も専門家ばかりが行うものではないのです

今、これを読んでいるあなたにもできるのです



アニマル・コミュニケーションとは?


動物と会話をすることを『アニマル・コミュニケーション』と呼びます

動物達との非言語コミュニケーションとも言えますが、人と話すのと同じように、動物とも会話をすることが可能なのです

会話はテレパシーで行いますので、時間・場所・距離は問わずにコミュニケーションをとることができます

テレパシーとは、私達にもともと備わっている能力で、決して特別な能力ではありません


大切な家族である動物たちにも人間と同じように、豊かな感情や思考はもちろん、魂が存在します

犬の精神構造は極めて人間に近いということが、最近の研究結果でも明らかになっていますし、家族としてともに暮らしていれば、それらはご理解いただける事と思います


彼らは日頃から豊かなボディランゲージで感情を表現し、テレパシーを用いて意思伝達を行っています


わかりにくい場合は人間を例にとって考えてみましょう


例えば、赤ちゃんが泣いている理由を母親は泣き声ひとつで察します

お腹がすいている、オムツが濡れている、身体がかゆい、眠たい・・・など、赤ちゃんが発する声は言葉ではありません

経験値によって母親は、赤ちゃんの泣き声で「今、何を欲しているのか?」を理解できるようになるのです


この例でもお分かりいただけるかもしれませんが、アニマル・コミュニケーションは、決して特別な能力ではありません

本来、人間誰にでも備わっているインナー・コミュニケーション能力、感性を高め洞察力を深め学んでいくことにより、動物の心が感じ取れるようになるのです


アニマル・コミュニケーションでは、動物達と心と心でつながり、テレパシーを通して、視覚や言葉で受け取り、魂とコミュニケーションをするのです

さらにKiranahでは透視能力を応用し、依頼主であるご家族様とのセッションで更に深く関係性を読み取って行きます


大切な家族であり、パートナーである動物達は、いつも私達に語りかけてくれています

それに気づけない時が多々あるかもしれません

気持ちを読み取ることが難しいと感じることもしばしばではないでしょうか?


アニマル・コミュニケーションでは

動物たちの考えや思い、日頃から家族に言いたい事や望んでいる事などを読み取り、ご家族にその思いをお伝えさせて頂きます

また、私達人間の気持ちを彼らに伝えるお手伝いをさせて頂きます


彼ら動物達の声をしっかり受けとり、心と心で語り合う時、私達は大切な家族である動物達と深く互いを理解し、より良い関係を築くことができると考えております



セッションで何が出来るのか?



〇愛犬・愛猫の気持ちが知りたい方  〇闘病中の我が子の気持ちが知りたい方

〇なぜ問題行動を起こすのか?知りたい方  〇どう育てたらいいか悩んでいる方

〇家族に対しての不満や不安  〇日頃の生活の中で改善してほしいこと  etc...

〇亡くなった愛犬・愛猫などに聞きたいこと、彼らからのメッセージをお伝えすることも可能です


動物の健康面・感情面におけるメッセージはもちろん

ご家族様から彼らへのメッセージの伝達も行います



見落とされがちで実はとても大切なこと


動物の精神的問題、癖などが実はご家族様やご依頼主自身の問題と大きく関わっていることがあります

見落とされがちで実はとても大切なことが彼らの行動の中に潜んでいるのです


平日は留守番が殆どで週末のみ家族に極端に構われるため、情緒不安定になり

「うつ病」となる子が増えてきているという報告も獣医師から聞こえるようになって久しいです


上記のように、動物の問題を取り除くために、時にご家族の意識の変容が必要になる時があります

それらもセッションを通して向き合っていく大切な過程となります

ご不安があれば、遠慮なくご相談ください


アニマル・コミュニケーションのMENU内容

Kiranahのアニマル・コミュニケーションでは、下記のセッションMENUをご用意させて頂いております




対面セッション

(Kiranahの自宅サロンにお越し頂き、セッションを行います)

 ※動物同伴可。病気や高齢などが理由で動物が同伴できない場合は、ご予約の際にお伝え下さい

 ※天国に旅立った子についてのセッションやペットロスでお悩みの方へのグリーフケアもお受けしております



オンライン・セッション

(Skype、ZOOM、Messenger電話を利用し、対面でセッションを行います)

 ※病気や高齢などが理由で動物と画面上でセッションが難しい場合は、ご予約の際にお伝え下さい

 ※天国に旅立った子についてのセッションやペットロスでお悩みの方へのグリーフケアもお受けしております

◆対面セッション◆

自宅サロンで直接、お会いしてのセッション


 30分   ¥7,000- 

 60分  ¥14,000-   


ご予約時に30分、60分のいずれかをお選びください


※対面セッションで天国に旅立っている子や病気により同伴不可の場合は

 顔や身体全体が写っているお写真を2~3枚ご持参ください

※自宅サロンでは時と場合によりマナーベルト、オムツの着用をお願いする場合もございます

※延長料金 5分/¥1,170- 

※セッション時間最大 90分まで

※20時以降の夜間営業時間は別途、夜間料金 ¥2,200-が加算

※料金の一部を動物保護団体に寄付致します

※最終受付 22時30分

◆オンライン・セッション◆

Skype,ZOOM,Messenger電話を利用してのセッション

オンライン決済がご利用頂けます


 30分   ¥7,000-

 60分  ¥14,000-


ご予約時に30分、60分のいずれかをお選びください


※ご予約時にSkype、ZOOM、Messenger電話からご希望をお伺いします

※オンライン・セッションで天国に旅立っている子についてのセッションについては

 予約確定後に顔や身体全体が写っているお写真を、事前にメールで2~3枚お送り下さい

※時間延長はございません

※20時以降の夜間営業時間は別途、夜間料金 ¥2,200-が加算

※ご予約受付後、セッション料金をオンライン決済のPayPayでお支払い頂くか、指定口座に事前にお振込み頂くご案内をメールなどでお送りさせて頂きます

※入金確認後に予約が確定となる為、鑑定をお急ぎの方はPayPayかネット・バンキングをご利用ください

※ご予約時間にKiranahからオンラインで連絡をさせて頂きセッション致します

※料金の一部を動物保護団体に寄付致します

※最終受付 22時30分


セットMENUもご用意しております

アニマル・コミュニケーションだけでなく、通常の透視・霊視鑑定も併せてご希望の方は

料金を抑えたセットMENUがございます


●透視・霊視鑑定30分&アニマル・コミュニケーション30分 (合計60分)

●オンライン透視・霊視鑑定30分&アニマル・コミュニケーション30分 (合計60分)


※通常¥13,500-のところをセットMENU割引で


¥12,500-となります



詳細は下記MENUボタンよりご確認下さい


グリーフケアについて


Kiranahではアニマルコミュニケーションでグリーフケアも行っております


グリーフワークとは悲しみへのプロセスと言えます


現在、病気闘病中の子を懸命に介護されている方、愛する我が子が旅立たれた方

ペットロスで悩んでいる方が居ます


飼い主として、家族として、懸命に介護をしながらも出口の見えない毎日に悩むこと

愛する我が子を見送ること

避けては通れないことではありますが、介護も看取りも、時には大きな負担が心にかかります


哀しみ・痛み・苦しさ・後悔・罪悪感


それらがなかなか癒えず、人にも話せずネット上で言葉を綴ることで何とか自分を保っている方や

日常生活では、自身が抱える「痛み」を周囲には漏らさず、蓋をしてしまっている方もいます


グリーフとは 「悲嘆」 を意味します


人は介護や死別などによって愛する人やペットを失うと、大きな悲しみである 「悲嘆(グリーフ)」を感じ

長期に渡り、特別な精神の状態の変化を経ていきます

介護中の方や遺族が体験し、乗り越えなければいけないこの悲嘆のプロセスを、「グリーフワーク」と言います


この悲嘆の状態は、心が大怪我をしたような状態と言ってもいいでしょう

自然治癒する方も居れば、一生ペットロスから逃れられない人もいます



介護中の方や、遺族はやがて、ペットが天国へ行った環境に適応して

新しい心理的・人間的・社会経済的関係を作っていきます

が、すべての人にそれらが当てはまるとは言えないのが現状です

「グリーフワーク」を経るにも、何事も焦らず・急がずが大切です


悲嘆は特別なものではありません


この「グリーフワーク」のプロセスを支えて見守ることが「グリーフケア」です


グリーフワーク(後悔・絶望・特に死別などによる)=

深い悲しみ・悲痛などの「悲嘆の作業」と言います


介護で孤立化したり、愛する者を失うと大きなストレスを心に受けます

そのストレスを少しでも軽減していかなければ、心が壊れてしまいます


グリーフワークの過程では、現実を直視し、感情を吐露することが非常に重要になります


悲しみの発生から再生へ



グリーフは、悲しみの発生から時間を追うごとに否認から受容へと変化する心理過程に応じ

以下の4段階にわかれています



⒈ 衝撃期

グリーフの原因となる事柄に直面し、ショック・思考困難・緊張といった感情を抱く


⒉ 悲痛期

悲しみ・嘆き・後悔・自責・罪悪感など、衝撃を経た後に訪れる真の心の痛みに直面する


⒊ 回復期

辛く苦しい悲痛期を乗り越え、肯定的に現実を捉えられるようになっていく


⒋ 再生期

現実に希望を抱けるようになり、再出発していく




グリーフに直面すると、この様な精神状態を経ていくことになります

「介護疲れ」「ペットロス」の悲痛期を乗り越えるためには、生前どのような時間をペットと過ごしてきたかが重要だとも言われています

 生活の中でどのように救われ、そして癒やしてきたのか、その積み重ねが特に死後のグリーフを小さくすることに繋がっていくと言います

 生前の救いや癒やしが多くあればあるほど、それが悲痛期を支える力になるのです


まずは、一歩



誰にも言えない

うまく話せない

この思いを伝える術が見つからない

なかなか理解者が居ない


そんな方は、いま抱えているお悩みを、どうかひとりで抱え込もうとせず

話してみて下さい


すぐに解決しようとしなくていいのです

解決できないことは「悪」でも「罪」でもありません

無理に答えを出そうとしなくていいのです


まずは、一歩を踏み出してみませんか?



ご確認ください

アニマル・コミュニケーションでは


セッション料金は動物1頭あたりの料金ではありませんので、複数の子のセッションもご予約時間内で承っております

2頭以上のセッションをご希望の場合は、時間に余裕をもってご予約下さい

30分で2頭以上のセッションとなると、セッションが中途半端になることもございますので、ご了承下さい


動物2頭以上をご希望の場合は、ご予約時にその旨をお伝え下さい


※オンライン・セッションをご予約の方は、事前にKiranah指定口座にセッション料金をお振込み頂きます

オンラインMENUでは、お申し込み時点でご予約は「仮確定」となります

入金確認後にご予約が確定となります。ご了承下さい



大切な彼らに負担をかけないために


アニマル・コミュニケーターとして、ご家族様にお願いがございます


大切な家族である彼ら(愛犬や愛猫など)が、病気やハンディキャップ、怪我があったり高齢である場合や

移動により体調を崩しやすい、車酔いするなどサロンにお越し頂くことが難しい場合があるかと思います

また、興奮しやすい、家族以外の他人を極端に嫌う、攻撃するなどの理由により、対面することが難しい場合

決して無理をさせないで下さいね


ひとりひとり皆、個性があります


大切な彼らに負担をかけないためにも

往診をされている方や彼らと共に移動することが心配・不安な方には

オンライン・セッションをお勧めいたします


対面セッションとオンライン・セッションとの違い


対面セッションとオンライン・セッションの違いは何か?


通常の鑑定でもよくご質問頂くことのうちの1つです


まず、大阪のKiranahサロンまで行くには、遠方のため無理と言う方や

決して行けない距離でもないが、半日仕事になるという方も多数おいでです

また、上記の「大切な彼らに負担をかけないために」の欄に記載しているように、対面セッションが難しい子もたくさんいます

また、天国に旅立った子に関して聞きたい、知りたい方も全国にお出でです


対面セッションが難しい子、遠方にお住いの方、移動が難しい方や家庭のご事情などになるだけ配慮したいと考え

Skypeなどを使用したメニューを設けさせて頂いております


多くの皆様が「対面とオンライン、どちらのセッションが良いか?」と考えられるようです


基本的には対面でもオンラインでもセッションの精度に差はございません

対面や遠隔のセッションで共通することは、動物たちの「魂」と、テレパシーで会話するからです

人間もヒト科の動物ですが、他界しても「魂との会話」が可能なように、犬や猫だから出来ないということはありません


遠方であれ、目前であれ、天国に旅立っていたとしてもアニマル・コミュニケーションは


「魂と会話する」ということ、なのです



セッションのご依頼の前に


アニマルコ・ミュニケーションのご依頼の前に



アニマル・コミュニケーションは

人間と動物たちが互いに心から理解しあう為の、ひとつのツールとお考え下さい

人間にも動物たちにも皆、それぞれの個性や性格があります


動物にも人間と同じように

寡黙な子、饒舌な子、陽気な子や口下手な子もいます

遠慮がちな子、気を遣う子もいます


まずは、私たち人間が「開く」ことが重要です

「閉ざす」限り、扉は開きません


ご依頼くださるご家族様が、アニマル・コミュニケーションに対して否定的や懐疑的である

受け入れられないという思いがある場合、思ったような結果は得られないでしょう

例えそうでなくとも、必ずしも望んだ「言葉」や「回答」が彼らから返ってくるとも限らないのです


彼らはすべての質問に答えてくれるとは限りません

人間と同じように言いたくないこともあるようですし、伝える術が見つからないこともあるようです

大切な家族である彼らのメッセージを、深い愛情と大きな心で受け入れてあげて下さい



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


興味本位ではお勧めできません



アニマル・コミュニケーターは近年、需要と共にその存在が認知され始め、セッションご希望の方も増えて参りました


「友人がセッションを受けたから」

「嘘臭いから真偽のほどを確かめたい」

「なんとなく聞いてみよう」


このように、ただの興味本位でセッションをお受けになることは、決してお勧め出来ません

アニマル・コミュニケーション(セッション)を必要とするタイミングは人・動物共にそれぞれに違います


前述のように、こちらが望まない答えも返ってくることがあるように

アニマル・コミュニケーションは、人間と動物が心から向き合うためのツールであり

当たるも八卦当たらぬも八卦、の占いではありません


Kiranahではスピリチュアルな観点からもセッションをさせて頂きますが

透視は占いではありません


動物達のひとつひとつの思いをしっかりと受け止め、それに向き合うこと

時に家庭環境の改善を求められることもあるかもしれません

彼らとともにより良く暮らすために


聴く・感じる・考える


そんなお気持ちを大切にして頂きたいと思います

その上で、改善・実践・努力できるかも重要であるということをお忘れにならないで下さい


天国に旅立った子とのセッション


アニマル・コミュニケーションでは、テレパシーで大切な家族である「動物たちの魂」と会話をします


天国へと旅立った大切な我が子達とも、コミュニケーション(会話)することが可能です

彼らの魂に触れる度に感じる


家族と過ごした幸せな時間や、生前の様々な想い、感情や考えがあります


セッションでは天国にいる子達から、ご家族様に向けて、様々なメッセージが届けられます

愛情にあふれたメッセージから、意外な想い、時に大笑いしてしまうようなことも届けられます


動物達は人間と違い、どこまでも潔く死に対して恐れを持っていません

死をしっかりと認識し受け入れることが出来るのです

人間は、目に見えるものしか信じない・理解できない・したくないという考えに縛られがちです


現在、ペットロスで苦しんでいる・悩んでいる方も多数おいでかと思いますが

決して無理をなさらないでくださいね


気持ちが落ち着いて来たと感じられた時

ちゃんと聞いてみようと思えるようになった時に、セッションにお申し込み下さい

動物保護活動への寄付・チャリティについて


Kiranahでは、アニマル・コミュニケーションにおけるセッション料金の一部を

ブリーダー崩壊や多頭飼育崩壊、虐待、遺棄など人間の身勝手な理由により

傷ついた犬猫の保護やレスキュー活動に寄付をさせて頂きます


現在、複数の保護団体や盲導犬や聴導犬などから引退した引退犬たちの保護などに携わる団体と交渉を進めております

適切に寄付金を各活動にご使用頂ける団体様を厳選し、定期的に(年4回ほど)寄付を行う予定です

また、チャリティの一環として、天然石を使用したチャリティ・ブレスレットを制作予定です

チャリティ・ブレスレットは売り上げの大半を団体等に寄付できるよう、現在5種類ほどを試作しております


寄付金額の割合、定期的な寄付の詳細、寄付金額、団体名、振込明細を開示し

アニマル・コミュニケーションをお受け頂いた皆様にご納得いただける様、情報の開示を積極的に行って参ります


上記の詳細は追ってHP並びにBLOGでご案内・ご報告させて頂きます

ご理解ご協力の程を宜しくお願い申し上げます


お時間のある方は下記の『Q&A、他の重要事項』ボタンをクリック/タップし必ずご一読下さい

ご予約のキャンセル・変更などについても記載しておりますのでご確認ください



セッション料金は、すべて税込み表示です


※ご予約状況によっては、時間延長が不可の場合がございます。ご予約時にご確認下さい